東京で保育士として働くこと

東京は日本の文化や政治、経済や教育などの中心地であり、多くの人が働く企業なども集中しているエリアになります。


面積は狭くても多くの人が暮らしているので、世帯数はかなり多くなります。


女性が働いている家庭もかなり多く、そういったところでは子どもが生まれたとしたら預けるところを探すことになるのです。



今の世の中で話題になっていることの一つとして、都市部の待機児童の問題を挙げることができるでしょう。子どもを預かってもらうことができない状態の待機児童では、保育士不足が理由として挙げられるのです。

ですから、それを解決するために長時間保育をするところや託児所や株式会社の保育所なども増えているのです。



保育士の資格を持っている人でもその現場で働くことを選ばない人がいるのは、やはり待遇面や労働条件などの問題があるからでしょう。
大変な仕事であるわりに給与水準も低いためにほかの仕事を選ぶことになってしまう人が多いのです。

東京都の保育士情報サイトはこちら

東京都内では正社員やフルタイムのパートなどで働いたとしても、月給が20万円くらいでそこから天引きされる税金や社会保険料などがあるので、結果的にはさらに少なくなってしまうのです。

東京で保育士として働くにあたって求人がかなりあることは確かですが、労働条件を考えると満足できるものをみつけるのは難しいかもしれないのです。
まずは求人を見つけたら、その施設の見学をさせてもらうようにして、それから受けるようにするといいでしょう。